ハワード・ホークス大解剖

ネタバレなし映画紹介

『暗黒街の顔役』(1932年) 【ネタバレなし映画紹介】

N.Y.の南地区を仕切るギャングのボスが殺害される。犯行は、新興ギャング・ジョニー・ロボに寝返った用心棒トニー・カモンテによるものだった。トニーはその後、ロボの片腕となり、銃と暴力の力で勢力を伸ばしていくが…。予告・あらすじ・監督・脚本・キャスト・みんなの評価・ネタバレなし感想などをまとめてご紹介!